ECサイトで売るページを作るためのweb制作!

スキルアップと制作の評価は違う?

web制作は、デザインだけではなくコーディングやスクリプトなど様々な要素が絡んでいます。当然のことながら、最初の段階ではなかなか思うように制作できません。思いついたデザインをきちんと形にできるだけのスキルがなっかったりします。その分、画像作成やコーディングなど、新しいスキルを身に付けるといろいろ試してみたくなったり、デザインに取りれたくなります。ですが、ECサイトにおけるページというのはあなたの作品ではないということを忘れてはいけません。どれだけ凝ったデザインの美しいページであっても、ECサイトにおいては売り上げに結びつかないと評価されません。

求められることの違いを知ろう!

ECサイトでは、まず売ることを考える必要があります。雑誌のページのようなキレイなイメージ画像も、商品の印象を伝えるためには必要でしょう。ですが、それだけでは売れません。商品の詳細がきちんと伝わらなくては、お客様に「買おう!」という思ってもらうことは難しいのです。ECサイトは写真と文字だけで商品の特徴を伝えるので、イメージだけではダメなのです。近くによって質感を伝えるような写真が必要だったり、デザインとして見栄えが悪くても大きく注意書きを入れる必要もあるでしょう。お客様に伝えるべきことがデザインと両立できないこともあります。どれでも、物を販売する商売である以上、優先されるのはお客様です。

枠組みがある中での方がスキルアップできる!

自分が作るページをどういった人が見て、その結果どういった行動を取って欲しいのかをまずしっかり把握しましょう。買い物したいと思うお客様にとって足らない情報はないか、使いにくいことがないかという視点を常に持っておくことが大切です。そういった視点を持ちながら制作することはスキルアップにつながります。web制作は望んだ結果を導き出す仕事で、毎回毎回、芸術性やアートを求められるわけではないのです。売るということを積極的に考えて、デザインでどう工夫するかを考えたときに大幅にスキルアップできることでしょう。

web制作を申し込みたいならば、制作会社の選択を慎重に行うべきです。まずは制作会社のプロフィールやサンプルをチェックしましょう。