プロが行うホームページデザインのテクニックとは?一般の方でも簡単に出来る!

強弱を意識してコンテツを引き立てる

魅力のあるホームページと言うのは、頭の脳にストレスを与えず視認性が高い事が重要ですよ。そのためのテクニックとして強弱を上手く利用するテクニックがあります。デザインではありませんが、一般的な文章ににおける見出しは大きく、本文はそれより小さくする事によって全体の内容を把握し易くなりますよね。画像を扱ったデザインでも同じ効果を作り出す事が可能ですよ。プロが行うテクニックの中に、大きな画像を扱う場合は、文章は控え目に扱う内容があります。このテクニックは、主に通販サイトなど、商品に目を止めてもらう時に扱うテクニックですよ。

背景に白は扱わないデザイン

多くのホームページでは背景が白ですよね。一般的に文字は黒であり、文字を黒とした背景が白のデザインは最も視認性が高いためよく利用されている内容になります。高い視認性を得る事ができますが、多くのホームページで利用されているため、デザインに対する差別化が出来難いと言うデメリットがありますよ。また、多くのサイトで利用されているため、何を現す内容なのかも把握しづらいデメリットもありますよね。通販サイトの食材を扱うホームページでは、より画像を明るく強調させるために背景を黒として扱うテクニックもありますよ。

デザインはユーザーが求めるデザインとマッチする内容

どれだけ魅力的なデザインでホームページを制作しても、その価値判断はユーザーによって違いますよね。例えば、デパートなどは高級品を扱うイメージが強くありますが、日用品を購入するのに、デパートの様な内装でデザインを行えば敷居が高いイメージから離脱率を高めてしまう可能性がありますよ。大切な事はユーザーの立場になってデザインを考える事が重要です。不特定多数の多くの方に、価値の高い内容だと思われたい思いは誰しもが持ち合わせている物ですが、ユーザーを選別をしてそのユーザーに対する価値の高いデザインを探して行く判断が大切です。

レスポンシブデザインはパソコンやスマーフォなど閲覧する機器に関係なく、安定してサイトを利用することが可能になります。