リスク管理は大事?ネットワーク監視の重要性

浸透しているネットワーク監視

みなさんはパソコンを使って会社の業務を行うことってふつうにありますよね。ちょっと前までは社員専用のPCなんて贅沢だなんていわれてましたが、現在では会社からの専用PCを会社のネットワークに接続して使用している人もも少なくなくないでしょうし、さらには固有の電話回線を持っているという人もいるでしょう。しかし、このようにネットワークの依存性が上昇するということは、一度ネットワークに不具合が起こった場合、そこから発生する損害も大きくなることになります。特に電話などのリアルタイムで通信を行うタイプもので問題が発生したらまさにリアルタイムで損失が発生していくことになりかねないのです。そういった現状でますます重要性を帯びてきたのが、正常にネットワークが動作しているかを確認するネットワーク監視という概念です。

ネットワーク監視の三要素

ネットワーク監視なんていう言葉を聞くと難しいように聞こえるかもしれませんが、要は以下の三つの要素を監視するものだと認識で間違いないでしょう。一つ目に、ネットワークが正常に稼動しているか。二つ目に、障害が発生していないか。最後に、障害復旧後も問題なく稼動しているか。これらの三つのことで何か問題が発生していないかと会社のネットワークやサーバーに目を光らせているもの、それがネットワーク監視というものになるんですね。

実はフリーのものも?

ただ、当たり前ですがこれらのことを一般の会社が全てやろうとなると大変な労力と人材が必要になります。最悪の場合却って状況が悪化してしまうことも十分ありうる話でしょう。なので、大抵の場合はネットワーク監視のソフトウェアを使用することになるのですが、実はフリーのソフトウェアも存在します。当然、有料のものよりは性能や質が低下してしまうのですが、中にはプロが愛用しているといったものもありますので無料版だからといって侮ることもできないでしょう。ネットワーク監視について興味が出てきたという人はフリーのものを見てみるのも面白いかもしれませんね。

社内のシステムの安定性を高めるためには、不審な接続を早期発見することが重要になります。そのためにネットワーク監視を導入したいのならば、専門業者に掛けあってみることをオススメします。